★アツミチ先生の ラーメンの基礎知識講座④――ラーメンの味は“タレ”で左右される!★

―—―前回の講義の後から、ラーメンのスープが
とっても気になるメグミ。
だけど、“ダシ”だけでは、スープは完成しないワケで・・・

アツミチ:こないだ“ダシ”について勉強したけど、
スープに欠かせないものがもう一つあるよ
メグミ:ラーメン鉢にダシを注ぐ前に、
小さなお玉で入れてる、あれのこと?
アツミチ:あれは“タレ(または「かえし」とも呼ばれる)
といって、ラーメンの味わいの決め手となるんだ。
しょうゆや塩、味噌など、味のベースになるタレは
こだわりの調味料・香辛料を使ったり、配合も門外不出。
この秘伝のタレをラーメン鉢に入れ、ダシを注ぐんだよ
メグミ:でも、神戸喜龍や、山神山人の「山神醤油盛り」
タレも中華鍋に加えて、スープをつくってるよね?
アツミチ:神戸喜龍は、中華鍋で具材を炒める、
札幌ラーメンならではの調理法を継承。
中華鍋ひとつで作り上げるスープは、香ばしさが格別!
山神山人も具材を中華鍋で炒めることで
白菜の甘さが倍増!炒めた豚ミンチの旨みが
しょうゆスープに移って、コクもアップするんだよ
メグミ:なるほど!炎がおいしいスープをつくるんだね
アツミチ:タレとダシのマリアージュを楽しむなら
塩ラーメンがおすすめ!タレがシンプルな味わいだけに、
ダシの旨みがダイレクトに感じられるはず♪
メグミ:タレで、ダシの実力もわかるってことね!
アツミチ:定番のタレだけでなく、
和-KAZU-の「白湯スープカレーラーメン
のような個性的な一品も、人気の兆しあり!
麺ロードも、新感覚のラーメンが
続々登場するかもよ
メグミ:どんな味に出会えるかなぁ ((o(´∀`)o))ワクワク
店長のみなさ~ん、
びっくりするほど、おいし~ラーメン
期待してま~す

コメントは受け付けていません。