「八咫烏(ヤタガラス)」の児子(にご)店長にインタビューしたよ!

麺ロードの三宮メグミです♪
今回は「八咫烏(ヤタガラス)」の児子(にご)店長にインタビューしたよ!

●メグミ:児子(にご)店長、こんにちは!
児子店長はどうしてラーメン屋さんの道を選んだの?
★児子:じつはね、前の仕事はラーメン屋さんと全然関係ないんだよ。
●メグミ:エ~ッ、何だろ?!
★児子:フードとはまったく関係ない、「ドライバー」。大型トラックの運転手でした。

●メグミ:へ~っ!何だったの、ラーメン屋さんになるきっかけって?
★児子:このお店をプロデュースしてくれた六甲道の「麺道しゅはり」、メグミちゃんも知ってるよね。運転手を辞めてから、そこでアルバイトしたのがきっかけ。「麺道しゅはり」の社長の後押しもあって、「八咫烏」の開店という目標ができてからは、もう無我夢中の日々。ラーメンの修業は厳しかったなあ…

●メグミ:じゃあ今は、やっとラーメンづくりのオモシロさがわかってきた、ってカンジ?
★児子:上からだな~(笑)いやいや、まだまだ!オモシロさとの出会いは将来に置いといて、今はお客さんの「ありがとう、また来るわ!」が一番のパワーになってます!

●メグミ:「inEZO」「縁(えにし)」「がんてつ」、他のラーメン屋さんは、みんなライバルなんでしょ?
★児子:ライバルというより、ここで一緒にがんばっている仲間だよ。世代的にもみんな近いし、たぶん、メグミちゃんの想像に反して、実はみんな仲がいい(笑)。

●メグミ:将来は、コラボラーメンとかできるかも!?ではでは、最後にメッセージをお願いします。
★児子:いよいよ暑さも本番モード!夏限定の『禁断の担々麺』もおかげさまで好評です!「禁断」のヒミツをぜひ探りに来てください。お待ちしています!

コメントは受け付けていません。