★【山神山人】たっぷり6種の具材と“しょうゆ&酒粕”の後引く旨さがたまらない!★


麺ロードの三宮メグミです。

さてさて、「酒粕らーめんフェア」の実食レポート後半戦。
今回は、山神山人「ほんのり香る酒粕醤油らーめん(税込880円)
レポをお届け!こないだ、アツミチくんから
酒粕は美容に良いって話を詳しく聞いたもんだから、
ついつい足早になっちゃうよ!εεεεεヽ(*´▽`)ノ

山神山人の酒粕麺はなんといっても具材の多さが自慢!
ボイル済みのキャベツ、ほうれん草に、
シャキシャキの白ねぎ、もやし、
煮卵、角煮まで、なんと6種の具材がたっぷり!
こんなにたくさん乗ってると食べる前からワックワクだよぉ~☆

具材の多さだけでもうれしいのに、
自家製の醤油ダレを使ったクリーミーなスープに
旨みとコクをプラスする酒粕を加えているから、
“しょうゆ&酒粕”の後引く旨さがたまらない!

「灘本場の酒粕を使って、風味を大切に
丁寧に仕上げた一品なんだ」と得意げに語る得永店長。
そんな自信たっぷりな顔でいわれたら、
一口一口じっくり味わわないと!って気になっちゃうよ♪

酒粕らーめんフェアの酒粕麺は
ホントにどの店舗もすっごく美味しいから、
みんな、ぜひぜひ麺ロードへ食べにきてネ!( *• ̀ω•́ )b

★酒粕ラーメンの旨味とコクに舌鼓・・・そもそも酒粕ってなぁに?★

――10月から始まった秋冬企画「酒粕らーめんフェア」
酒粕については、『粕汁などに使われていて、ほっこり美味しい』
くらいのことしか知らないメグミにとって、
今回の酒粕ラーメンは興味津々なメニューのようで・・・。

メグミ:ねぇねぇアツミチくん、レポートで酒粕ラーメンを
食べてみてすっごく美味しかったけど、そもそも酒粕って
どうやってつくられるの?沢の鶴さんの純米酒粕なんだよね。
アツミチ:そう!神戸が誇る酒造メーカー、沢の鶴さんだね。
酒粕は日本酒の製造工程で生まれる副産物で、
発酵した醪(もろみ)を搾ることで、日本酒と酒粕に分かれるんだよ。
この搾り出す工程のことを「上槽(じょうそう)」っていうんだ。
メグミ:くっわし~~~い!アツミチくん、ホントに高校生?(¬_¬)
アツミチ:うっ( ̄◇ ̄;)いやいや、美味しいラーメンの味を
追求するあまり得た知識だよ(笑)お酒はまだ飲んでないからねっ!
メグミ:アツミチくんらしいね☆
それで、搾り出された酒粕はその後どうなるの?
アツミチ:上槽工程の方法はいくつかあるんだけど、
ほとんどの日本酒は「自動圧搾機」で造られるんだって。
その自動圧搾機で板状に搾り出された酒粕を「粕剥がし」っていう
工程で取り出して、そのまま板状で販売されるのが一般的なんだ。
メグミ:そういえばスーパーで袋詰めが並んでるのを見たことあるかも!
アツミチ:あと、酒粕といえば特にメグミちゃんに耳よりなのが・・・。
メグミ:あ!前にちょっと教えてくれた、健康や美容に良いって話!
アツミチ:そうそう!本当はこれが一番知りたかったんじゃない?
メグミ:実は・・・そーですf^_^;
アツミチ:美容面でいうと、メラニン色素の増殖を防ぐといわれる
コウジ酸やフェルラ酸、天然保湿成分が含まれているそうで、
酒粕を活用した美容パックなんかも商品化されてるんだよ。
メグミ:なんと!それも今度チェックしてみよう・・・φ(。。)メモメモ
アツミチ:そして健康面では、タンパク質、炭水化物、
食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富!
さらに、旨味成分も含まれているから料理との相性が良いんだ。
メグミ:なるほど!酒粕ラーメンの旨味とコクは、
酒粕本来の旨味成分が引き出しているんだね!
アツミチ:説明してたらまた食べたくなってきちゃったよ!
メグミ:じゃあ今から麺ロード行こ行こ!☆

★10月21日(水)、麺ロードはお休みします★

麺ロードの神戸アツミチです。

明日10月21日(水)は麺ロードの休館日(ノД`)・゜・
ということでメグミちゃんとラーメン食べに来たよ♪

日に日に秋めいて寒さが増してきたこともあって、
10月から始まった「酒粕らーめんフェア」
各店好調なスタートをきってるんだって。やったね☆

今日もあちこちの店舗で麺ロードファンのお客さんが
休館日を前に酒粕ラーメンをオーダーする姿が!
これは、ぼくも負けてられない!
今日はどこのお店にしようかな~!?

★【和-KAZU-】中国料理講師のワザがさく裂!渾身の特製麻婆麺★


麺ロードの三宮メグミです。

ついこないだまで暑かったのに、
上着なしでは肌寒くなってきたっ(((;´д`)))ブルブル
そんな中、麺ロードが10月からスタートした
秋冬ラーメン企画「酒粕らーめんフェア」では、
これからの寒い季節においしそうなラーメンがずらり!
先週のアツミチくんに引き続き、
和-KAZU-「辻学園特製麻婆麺(税込880円)を チェックしてきたよ!

ではではさっそく・・・、あれ?トッピングが増えてるよ!?
「そうなんだよ。チャーシュー、マー油、糸唐辛子を追加して、
おいしさに加えて彩りもアップさせたんだ」と上野店長。
日々工夫を重ねてバージョンアップを目指す姿勢は、さすが料理講師だね☆
しかもこれでお値段据え置きなのがウレシすぎる!

このラーメンの大きな特長は何といっても辛味。
3種の豆板醤(ピーシェン豆板醤・四川豆板醤・麻棘醤)
独自のブレンドで合わせることで、辛さを引き立たせてるんだって。
こんな華麗な豆板醤づかいができるのは、中国料理講師ならでは!
ちょっとフツーのラーメン屋さんでは味わえないかも?
さらに仕上げには四川の高級山椒といわれる
「漢源(カンゲン)山椒」をひと振り。
徹底的なまでの辛さへのこだわりがスゴイ!

赤々とした見た目にひるみつつも一口、
辛味とシビレで口の中は大変なことに!
と思ったのもつかの間、スーッと引いていく辛味(不思議!)
そうするともう一口食べたくなる・・・というループにハマっちゃう!

スープは魚介の風味がほんのり漂う塩ベース、
香りづけに紹興酒を使って中華のテイストをプラスしているよ。
酒粕で旨みが増したスープはとろみが強く
ストレート麺に具材がよくからむから、一口でいろんな食感が楽しめる!

和のメニューでは唯一、スープの仕込みに中華鍋を使うラーメンだそうで、
運良く仕込みのタイミングに出会えたら、
中国料理講師の “本気の鍋振り”が見れちゃうかも!?

★【神戸喜龍】ラムも野菜も旨~い❤コク深ジンギスカン麺★

麺ロードの神戸アツミチです。

10月から始まった、酒粕らーめんフェア。
中でも神戸喜龍「喜流酒かすラムめん(税込900円)
はやくも、女性のオーダーが続出中!
女ゴコロをつかんだその味、早速チェックしなくては!

なんと、このラーメンに使われているのは
子羊のお肉「ラム」ᏊˊꈊˋᏊメエー
低カロリーなので、女性に注目されていると
メグミちゃんが言ってたなぁ~。
「でも、羊肉って独特のくさみがあるでしょ・・・」
と思った、そこのアナタ!
このラーメンに使われているラムは、
やわらかくて、くさみもない!
きっと自慢の「鍋振り」を駆使して、
高温で香ばしく炒めているからだね。

甘辛いしょうゆ風味のスープは、
特製しょうゆタレとジンギスカンのタレを使用。
この味、北海道で食べたジンギスカンを
思いだしちゃうよ~!

ヤングコーンや、かわいく型ぬきされたにんじん、
ブロッコリーなど具材どっさり!
ところで、酒粕はどこ?
「トッピングの真ん中にある、
アイスクリームみたいなのが酒粕なんだ」と有吉店長。
ペースト状になっているから、
スープに溶かすとコク深くなるし、
ディップみたいに具材にからめてもイイね♪
さらに、酒粕ペーストの下にかくれている
たっぷりのゴマで、香ばしさもマシマシだ!

酒粕の風味も、北海道気分も味わえて
女性が気になるモノが詰まったこの一品。
ヘルシー派も、お肉大好き派も、
さぁ、喜龍に急げ!ε=ε=ε=(○’▽’)ノ

★今日10月1日(木)スタート! 栄養&旨みたっぷり酒粕麺★

麺ロードの三宮メグミです。

朝晩が涼しくなって、ちょっぴり秋めいてきた今日この頃。
夏から準備してきた、秋冬限定「酒粕らーめん」
本日10月1日(木)デビューしまぁ~す!
(ノ≧∀≦)ノぅわぁあぁぁああいッ!!!!!!!

なんと使用しているのは、
神戸が誇る酒造メーカー
「沢の鶴」さんの純米酒粕!
旨み豊かな酒粕と、4店舗の個性が合体した、
すっごい酒粕ラーメンはこちら!

【山神山人】
「ほんのり香る 酒粕醤油らーめん」
(税込880円)

【和-KAZU-】
「辻学園特製 麻婆麺」
(税込880円)

【神戸喜龍】
「喜流 酒かすラムめん」
(税込900円)

【in EZO】
「野菜たっぷり 熱々あんかけラーメン」
(税込880円)

アツミチくんから聞いたんだけど、
酒粕って、料理の旨みをアップするだけでなく、
健康や美容に良いといわれている
栄養素もたっぷりなんだって!
そんなこと聞くと
酒粕になじみがない私も、めっちゃ気になるや~ん

来週からは、
いろんな店の酒粕ラーメンを食べ歩いてきたアツミチくんと、
酒粕初心者の私が、実食レポートをお送りするよ。
日本酒党の人も、酒粕未体験の人もチェックしてね~♪