★【和-KAZU-】祝!「ラーメンWalker 関西 2021」掲載!!!★

麺ロードの三宮メグミです。

和-KAZU-を取材してくれたラーメン専門誌が、
ついに昨日9月17日(木)発売!!!
なんと、ラーメン好きのバイブルといわれる
 「ラーメンWalker 関西 2021」に、
載っちゃった(∩´∀`)∩ワーイ

和が掲載されているのは、
今食べておきたい新店、43店舗を紹介する巻頭特集の
「飲み干したくなる ハイレベル鶏白湯」コーナー。
手間暇かけて煮出す濃厚スープや、麺、タレなど
おいしさのヒミツを大解剖。
実食したライターさんのコメントも、
鋭いとこついてる!~( ̄Д ̄ )ナルホド

紹介記事を読んでいたら、
お腹がぐるる~っと鳴っちゃったよ。
みなさんも記事をチェックして、
本当にラーメンが好きな編集者さん、
ライターさんを魅了した
鶏白湯ラーメンを楽しみに来てね♪

★【和-KAZU-】ラーメン専門誌の取材がキタ~ッ!★


麺ロードの神戸アツミチです。

和-KAZU-に、
ラーメン好きにはおなじみのあの雑誌から、
取材のオファーが!!!
8月の暑~い日に行われた取材を、
メグミちゃんと見学してきたよ。

今回の掲載は「鶏白湯麺」の特集ページ。
取材に来てくれたライターさんから、
「編集者さんが、お忍びで和のラーメンを食べに来て
掲載が決まったんだよ」
と聞いて、店長の上野センセもニッコニコに♪
編集者さ~ん、数多の鶏白湯ラーメン店の中から、
和を選んでくれてありがと~!
( v^-゚)Thanks♪

自慢の鶏白湯ラーメンのほか、
お店のこだわりポイントや、
上野センセの写真も撮影。
上野センセ、取材どうだった?
「専門学校では広報担当をやってるから、
いつも取材の裏側をサポートする立場なんだ。
自分が取材されるって、新鮮だなぁ~♪」
なんか、まんざらでもない感じだね~。

取材した内容は
9月17日(木)発売予定の某誌に掲載されるよ。
上の画像のどこかに、
雑誌名のヒントが隠されているので探してみてね。

★アツミチ先生の ラーメンの基礎知識講座④――ラーメンの味は“タレ”で左右される!★

―—―前回の講義の後から、ラーメンのスープが
とっても気になるメグミ。
だけど、“ダシ”だけでは、スープは完成しないワケで・・・

アツミチ:こないだ“ダシ”について勉強したけど、
スープに欠かせないものがもう一つあるよ
メグミ:ラーメン鉢にダシを注ぐ前に、
小さなお玉で入れてる、あれのこと?
アツミチ:あれは“タレ(または「かえし」とも呼ばれる)
といって、ラーメンの味わいの決め手となるんだ。
しょうゆや塩、味噌など、味のベースになるタレは
こだわりの調味料・香辛料を使ったり、配合も門外不出。
この秘伝のタレをラーメン鉢に入れ、ダシを注ぐんだよ
メグミ:でも、神戸喜龍や、山神山人の「山神醤油盛り」
タレも中華鍋に加えて、スープをつくってるよね?
アツミチ:神戸喜龍は、中華鍋で具材を炒める、
札幌ラーメンならではの調理法を継承。
中華鍋ひとつで作り上げるスープは、香ばしさが格別!
山神山人も具材を中華鍋で炒めることで
白菜の甘さが倍増!炒めた豚ミンチの旨みが
しょうゆスープに移って、コクもアップするんだよ
メグミ:なるほど!炎がおいしいスープをつくるんだね
アツミチ:タレとダシのマリアージュを楽しむなら
塩ラーメンがおすすめ!タレがシンプルな味わいだけに、
ダシの旨みがダイレクトに感じられるはず♪
メグミ:タレで、ダシの実力もわかるってことね!
アツミチ:定番のタレだけでなく、
和-KAZU-の「白湯スープカレーラーメン
のような個性的な一品も、人気の兆しあり!
麺ロードも、新感覚のラーメンが
続々登場するかもよ
メグミ:どんな味に出会えるかなぁ ((o(´∀`)o))ワクワク
店長のみなさ~ん、
びっくりするほど、おいし~ラーメン
期待してま~す

★【和-KAZU-】スープを飲み干してしまいそう!まろやかカレー麺登場★



麺ロードの神戸アツミチです。

【営業時間延長のお知らせ】
明日8/1(土)から、
営業時間が10~21時(ラストオーダー20時30分)
になります晩ごはんも、麺ロードに来てね♪

和-KAZU-の新メニュー
「白湯スープカレーラーメン(税込990円)
店長の浦山センセが「スープが主役」と言うくらい、
スープにこだわったラーメン。

「鶏白湯とスパイス、どちらの風味も引き立て合えるように、
香辛料の配合には気を配ったんだ」と浦山センセ。
立ち上る湯気は、すご~くスパイシーだけど、
とろ~りとしたスープを飲んでみるとスパイスの風味を、
濃厚な鶏の旨みがやさしく包みこむ
ような感じ。
今流行りのスパイスカレーとは一線を画す、
コク深く、まろやかな味わいは、欧風カレーっぽい!?

辛いものが好きな人は、
オーダー時に辛味噌(税込50円)をトッピングしてみよう。
卓上の七味やブラックペッパーで、変化をつけるのもイイね。

スープを完飲できそうだけど、
シメはやっぱり、鉢の中にごはん(税込150円)をダイブ!
スープの最後の一滴まで、楽しみ尽そう♪

インド人もビックリ!?の、カレーと鶏白湯のナイスタッグ!
食欲の落ちがちな暑い日は、コレでキマリだ!!!

 

★【和-KAZU-】中国料理講師の技が炸裂!ひんやり&うま辛担々麺★

麺ロードの神戸アツミチです。

「中国料理講師の実力をみせてやる!」
店長の浦山センセ、上野センセの意気込みが伝わってくる
和-KAZU-の夏麺冷やし担々麺(税込880円)

上野センセによると、
「おいしさのヒミツは、
たっぷり使ったゴマと、麺の上に散らしたナッツ。
鶏のダシを使わなくても、ゴマとナッツだけで
コクと深みを表現できるんだよ」。
食材を知り尽くし、良さを引き出すとは、
さっっっすが、名門料理学校のセンセ!

まずはよ~く混ぜて、いただきま~す♪
じわ~っと口の中で主張してくる、中国のスパイス。
丹念に仕込んだ特製ラー油、
花椒(ホワジャオ)のほか、数種類の調味料を駆使。
辛さと風味、旨みのバランスが素晴らし過ぎる~♪

上野センセ、肉味噌にも
おいしさのヒミツがあるんでしょ?
「秘伝のチャーシューのタレをプラス。
ほのかに甘い味付けで、麺の辛みを引き立ててくれるよ」
とこっそり教えてくれたよ。

フィニッシュは、
ごはん(税込150円・メニューには
のってないので、スタッフに声かけてね)を
ラーメン鉢に投入!
残ったタレや具材を、残さず楽しもう♪

本格中国料理の技を感じられるこの逸品を
食べられるのは、この夏だけ!
辛いもん好きも、中華料理好きも、
さあ、和へ急げ!-=≡ヘ(* – -)ノ. ダッシュ!

★今年は冷たい麺づくし! 6月19日(金)、夏麺スタート!★

麺ロードの神戸アツミチです。

今年も待ってました、麺ロードの夏麺!
ついに今日、6月19日(金)から
スタートしちゃうぞ~ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
2020年バージョンは、冷た~い麺づくし♪
お口さわやか、さっぱり系
ちょっぴり刺激的な、ピリ辛系
その日の気分に合わせて選べるのがイイね~(゚∇^d)

さっぱり系
【in EZO】
冷製鴨めん~ゆず仕立て~(税込880円)

さっぱり系
【神戸喜龍】
冷たい塩れもんらーめん(税込850円)
※黒こしょう付き

ピリ辛系
【山神山人】
冷製すーぷじゃーじゃー麺(税込850円)
※追いめし付き

ピリ辛系
【和-KAZU-】
冷やし担々麺(税込880円)

麺ロード内に貼られている
夏麺ポスターには、
店長さんからのアピールコメント
書かれているので、チェックしてね。

ムシムシ&だる~い梅雨どきも、
麺ロードの夏麺を食べれば、
身体シャキーン!元気をチャージ!
暑すぎて食欲が落ちがちな真夏も、乗り切れそう♪
さあ、9月25日(金)の最終日まで、
食べて、食べて、食べまくるぞ~!

★アツミチ先生の ラーメンの基礎知識講座③――“ダシ”はラーメンの要です!★


―—―麺ロードでラーメンをすすりながら、
アツミチからラーメン英才教育を受けるメグミ。
今日の講義は“スープ”のようで・・・|・`ω・)チラ

アツミチ:スープに大切なのは、“ダシ”って知ってた?
メグミ:ん!? 出汁?和食?
アツミチ:和食の出汁みたいに、ダシはラーメンのおいしさを
左右する大切なアイテムだよ。
豚骨や鶏ガラを煮込んでダシをとる店が多いけど、
inEZOのように、煮干しを使った魚介系もおいしくてクセになりそ
メグミ:鶏ガラでも、ドロ~ッとしていたり、
スッキリあっさりだったり・・・どう違うの?
アツミチ:たとえば、和ーKAZU-のとろ~りスープは
鶏ガラやコラーゲンが豊富なモミジ(鶏の足)
強火で煮込むこと8時間!鶏の脂や骨髄、ゼラチン質が
水分と混ざって乳化するため、
旨みが濃い白湯(パイタン)がとれるんだ。
一方、澄んだような清湯(チンタン)は
弱火でコトコト煮込むことできるんだ
メグミ:もしかして、豚骨でも
選ぶ部位によって、でき上がりが違うのかな?
アツミチ:メグミちゃん、鋭いっ!d(>_< )Good!!
白濁スープに仕上がるゲンコツや、
短時間でダシがとれるあばら骨・背骨
味に深みが出る豚足などを組み合わせて使うことも。
また、豚や鶏、魚介の臭みを和らげるため、
玉ねぎやしょうがなど香味野菜は欠かせないんだよ
メグミ:これからはダシの仕込みにも注目しようっと!
アツミチ:次回はダシと同じく、
ラーメンの味の決め手となる“タレ”を勉強しようね♪

★アツミチ先生の ラーメンの基礎知識講座②――麺ロード4店舗の麺を解剖!★


―—―今日もビデオチャットで繰り広げられる、
アツミチによる激熱ラーメン講座。
はたして、メグミのラーメン偏差値はアップするのか!?

メグミ:麺ロードも各店、いろんな麺を使っているよね
アツミチ:札幌にルーツを持つinEZOは、西山製麺の麺を使ってるよ。
西山製麺といえば、札幌ラーメンを世に広げた、すんごい会社なんだ。
キレイな黄色でやや太めのちぢれ麺は、
のど越しがよく、スープともよく絡んでうんま~い♪
メグミ:そういえば、休業前にテイクアウトしたinEZOの「油そば」、
持ち帰っても麺が伸びないように極太麺にしたんだって!
アツミチ:おいしく食べてもらうための、心づかいがうれしいね。
同じ札幌発のラーメンでも、神戸喜龍ストレート麺
神戸の人にも親しみやすいよう、細めの麺を選んだんだよ
メグミ:ねえねえアツミチくん、和ーKAZUーの麺をつくっている
徳島のマルメン製麺所、ホームページがスゴイ!
すだち麺にトマト麺、藍染麺まであるΣ(゚Д゚)!!!
アツミチ:このバイタリティあふれる製麺所と試行錯誤して
生まれたのが「濃厚鶏白湯ラーメン」のストレート細麺
濃厚な鶏スープに合うよう、調整を重ねたんだって。
そういえば、あのホームページで見た個性的な麺で、
新メニュー考えてるって、浦山センセ言ってたよ
メグミ:藍染麺のラーメン・・・食べてみたい(´艸`*)ムフフ
アツミチ:藍染麺もいいけれど、山神山人の自家製麺もスゴイぞ!
「並盛り」はクリーミーな豚骨ス―プにピッタリの極細麺
「山神醤油盛り」は醤油豚骨スープと絡みやすい、黄色い中太麺
スープに合わせて麺を使い分けするなんて、こだわりがハンパない!
メグミ:麺に注目すると、ラーメンをもっとおいしく食べられそう♪
営業再開した時の楽しみが、また一つ増えちゃった ((o(^∇^)o))
コロナウイルスが、早くおさまりますよ~に!

★【和-KAZU-】メグミの「営業再開したら、コレ食べたい❤」★


 
ラーメンとアツミチくんが、だぁ~い好きな、
麺ロードの三宮メグミです(〃▽〃)ポッ

麺ロードにオープンする前から、
ず~っと追いかけてきた「和-KAZU-」
店主は、辻学園調理・製菓専門学校で中国料理を教える
浦山センセと上野センセの講師コンビ。
メニュー撮影と試食会の侵入取材で
センセたちのラーメン愛と料理への情熱に触れて
すっかり和のファンになっちゃった♪

そんな二人がつくるのが、本格中国料理の技を駆使した塩ラーメン。
中国伝統の白濁スープ“奶湯(ナイタン)”の技で
鶏ガラやモミジ(鶏の足)を煮込むこと8時間!
濃厚なのにどこか上品な鶏白湯は、飲み干したくなるおいしさ。
さらに、大きな中華包丁を自由自在に操る姿は
カッコ良すぎて、もう、惚れてまうやろ~(**)キャー

コロナウイルスによる休店で、
センセたちに会えないのがさびしいけれど、
営業再開したら「濃厚鶏白湯ラーメン(税込880円)
食べに行くからね~❤
それまでに、毎日欠かさず
麺ロードスマホアプリでポイント貯めといて
トッピング追加しちゃうぞ~!

★【和-KAZU-】中国料理の技満載!飲み干したくなる、とろ~り鶏白湯★


麺ロードの神戸アツミチです。

Season11期待の新店「和-KAZU-」の店主は
あの、辻学園調理・製菓専門学校で、
中国料理を教えるセンセイたち!

「豚骨のイメージが強いラーメン業界で一石を投じたいと
鶏のおいしさにこだわった店をオープンしたんだ!」
と語る店主の一人、浦山センセイは、
多くのプロを育ててきた、食のスペシャリスト。
ラーメン店を営んでた経験もあるんだって。

そんな浦山センセイの自信作が
「濃厚鶏白湯ラーメン(税込880円)
まずは、中国料理の白濁スープ
“奶湯(ナイタン)”の技でつくったスープをひとくち・・・
うわわぁぁぁ、鶏の旨みが濃すぎるぅぅぅ!!!
浦山センセイ曰く、「鶏ガラとモミジ(鶏の足)を、
グツグツと約8時間煮込んでるからだよ」だって。スゲェ~!
さらに、徳島のマルメン製麺所から取り寄せる
ストレートの細麺にとろ~りスープが絡む!絡む!
タコ糸で巻いて、ジューシーに仕上げた
本格チャーシューは分厚いのが2切れも♪
これが880円とはうれしすぎる♪

学校の講義のかたわら、
食の現場にも立つセンセイたちだから、
まるで中国料理の一品みたいな、意欲作が登場するかも!?
今後の和-KAZU-から、目が離せないっ!

ヴィッセル神戸 天皇杯進出記念 お食事券
お持ちのみなさん、
有効期限は明日29日(土)までですよ!
今日のお昼は、券を使って
お得に麺を食べてちょ~だい!